info : 内見会デザイナー井本氏から内見会に向けてのメッセージ
投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2015年5月21日 12:00 (1242 ヒット)

今回の内見会では「テーマブース2 アンティークプリザ」、「敬老の日に贈るギフト」
メインにお世話になりました井本亜紀子氏よりメッセージを頂きました。

 

「アンティ-クプリザ」ブース
「この美しさをそのままに」…この想いは人々の古くからの願いでもあります
人が花と寄り添い 向き合うのはとても自然なこと。
「”アンティークプリザ”で創る、飾る、贈る」のブースは、ショップの方が、
そのままディスプレイやギフトとして、イメージが湧くように創り上げました。
ドライフラワーの自然さはそのままに 発色がよく、触れても壊れにくく、
長く楽しめる「アンティ-クプリザ」軸を活かした高さのあるアレンジレッスン提案や、
自然の造形の面白さを感じるアクセサリー提案、優しい色合いのブライダル提案など
この素材が一つ加わった事で、今までのプリザーブドフラワーになかった世界観が演出できます。
数本まとめただけでも様になるアレンジから、デザイン性の高いものまで
触れてるだけで優しい気持ちになる「アンティ-クプリザ」は、アレンジに動きがプラスされ、
創る私たちも楽しめます。

「ギフト・敬老」ブース
敬老の日にプレゼントを贈る方の割合は高く、お花のプレゼントも常に上位をキープしています。
色鮮やかな花達は五感を刺激し、いつまでも若々しくあってほしいと願う家族の想いを
伝えてくれます。
敬老ギフトのブースは、3つのテーマで作成しました。
和風の提案では、長寿を祝う日の華やかな喜びを、
洋風の提案では、いつものアレンジに和の素材感をプラスして新鮮な洋風アレンジに、
可愛らしいアレンジ提案では、ナチュラルで優しい贈り物をイメージしました。
小さくても存在感のあるアレンジや、ギフトと一つ一つ組み合わせて楽しめるアレンジまで
少しお花を添えてプレゼントしたくなるような気持ちになる演出をちりばめています。

いつも作品を創りながら、この花の向こうにいる方の”顔”を創造します。
自然素材たちが持っている 大きな力を拡げたい、
いつも新しい素材と出逢うワクワク感をより多くの方に届けたい、
そんな想いを作品に込めて作成しました。
この作品が毎日のフラワーレッスンやフラワーワークに少しでも役立ち、
ワクワクと楽しみながら花を贈る想い、花を飾る想いを膨らませて頂けたらと思います 。

一輪の花から伝わる想いを大切に、花の新しい可能性をみんなで引きだしていきましょう。

ー井本亜紀子ー


井本 亜紀子氏 (いもと あきこ)
    フラワーモードデザイナー
井本 亜紀子 AKICO IMOTO
花 創造空間-Atelier Concierge-代表

空間ディスプレイ・ブライダル装飾
生花店、各資材メーカーへの商品企画
カタログ掲載作品 デザインアドバイザー
などを手掛け独自のデザインを提案するフラワーデザイナー
フラワーヴェール・ライン・カラーなど定義に基づいた技法で
生花店や業界関係者へ技術指導も行う。
全国各地でデモンストレーションや講習会を実施。

プリザーブドフラワー専門教室
フラワーモードデザインスクール理事を務め
プロで活躍するプリザーブドフラワーテクニックを監修、指導

アトリエコンシェルジュ
http://atelierconcierge.jp/
フラワーモードデザイン 
http://flowermode.jp/


内見会の日時や場所等詳細は以下のURLよりご覧ください。
http://www.ohchi-n.co.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=385