投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2018年5月29日 8:19 (208 ヒット)


今回の内見会でデザイン協力いただいた岡寛之氏よりメッセージをいただきました。


今回、イントロダクション、プリザーブドフラワーブースの主に新商品の芝の提案、
壁面に飾る装飾の提案を
させていただきました。
 
近年、仕事等でも壁面装飾は大変、需要がありプリザーブドフラワー、
ドライフラワーの可能性をもっと活かせる分野だと感じています。

芝に関しましては素材の美しさをそのままにプリザーブドの技術を
改めて感じることのできるものでした。
実際に見て触って感じていただきたいです。

イントロダクションは昨年に続きの担当だったのですが
毎年、内見会の制作の際には本社で作業させていただいています。
今回、その作業中に1冊の冊子出会いました。
大地農園さんの会社案内の冊子です。
その冊子の最後に『土を肥やす、栄養を蓄える。大地農園のものづくりは、
粘り強い精神と温かい人の「掌」が支えている。』
とありました。
一輪のプリザーブドフラワー、ドライフラワーが商品になるまでに
本当にたくさんの人の想い、尽力が注ぎ込まれて
生まれた自然のもつ美しさに新たな命が吹き込まれた美しい植物を
ご来場くださる皆様に感じていただければと思い形にしました。

 
一人でも多くのひとにその想いが手渡しできればと思います。
 

岡 寛之 氏(おか ひろゆき) 
Hiroyuki Oka 
Hiroyuki Oka Design +1ichi

現在、フリーランスとして活動するデザイナー。
広島の花店『FleuR AtelieR 談』において荒井楓久香に師事、花を学ぶ。
24歳の時に渡欧し、コペンハーゲンの巨匠ターゲアンデルセンの元で研修。マミフラワーデザインにて研鑽を積み、その後世界有数の規模を誇る大田市場内の花の仲卸『フローレ21』に勤務。日本全国津々浦々の生産者のもとへ自ら赴き話を聞くことで、植物や花それぞれが持つ固有の魅力に理解を深めた。ベルギーの出版社Stiching Kunstboekより発刊された『International Floral Art 0809』に参加して作品を掲載したことが契機となり、2013年7月には同社より初の単独作『Hiroyuki Oka MONOGRAPH』を発行。同書では普段花に触れることのない人たちに植物の持つ面白さや個性に興味を持ってもらうべく自身が5年間暖め続けていた「身近な植物である野菜をアレンジする」というコンセプトを打ち出し、発刊後はヨーロッパの各メディアで何度も取り上げられるなど国内外問わず高評価を得る。国際的なフローラルコンペティション「International Floral Art 0708」にて「シルバーリーフ賞」を受賞。2015年より株式会社花弘のフラワーデザイナーおよびスーパーバイザーに就任。

HP:[ https://www.hiroyukioka.com/ ]
 


内見会の日時や場所等詳細は以下のURLよりご覧ください。
http://www.ohchi-n.co.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=385


投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2018年5月28日 15:13 (463 ヒット)


今回の内見会でデザイン協力いただいた山崎克己氏からメッセージをいただきました。


クリスマスブースとメインブースの一つ、
「もっとプリザーブドを『ナチュラル』に」を担当しました。

この内見会で初お目見えの、形・色・質感が様々なドライフラワー。
ドライ素材とプリザーブドフラワーとを組み合わせることで、デザインの幅が大きく広がり、
優しく落ち着いた雰囲気を表現しやすくなりました。
一輪の花の提案からさりげないインテリア的なもの、
大きなアレンジメントまで、素材合わせの楽しさをご覧ください。

「クリスマスブース」では、豊富なクリスマスグリーン、たくさんの木の実、
ドライ素材を使って温かいクリスマスをデザインしました。
リース&ベースを使用することで手軽にデザイン、ボリュームアップができます。
素材を細かく分解して制作するレッスンアイテム的なもの、素材の大きさ・長さを活かした
ショップでのディスプレイ、そして商品提案。
ご来場される方々にとって、何か参考になるものがございましたら、幸いです。

山崎 克己氏 (やまさき かつみ)
Katumi Yamasaki
HANAFUKU 花福代表

1999      ドイツ・エッセン市(Essen)『I.P.M.』国際園芸見本市にてデモンストレーション
2002      ドイツ・シュトゥットガルト市(Stuttgart)州主催ガーデンショー(Landes Garten  Schau)
            にてグループ展示及びデモンストレーション
2005      スウェーデン『Norrvikens Trädgårdar』にてオブジェ製作・野外作品展示
2007〜2009
             大丸心斎橋店『イングリッシュガーデンショウ』にてデモンストレーション
2009      中之島バンクスEASTにて「YMO写真展POST YMO」の会場オブジェ展示
2013    show the flore(東京・高井戸倶楽部) にてデモンストレーション
2014        立体造形作家、佐古馨氏との「花の器展」(Gallery H.O.T.にて)
2014    N.F.D.香川県支部にてデモンストレーション
2015    N.F.D.広島県支部にてデモンストレーション
2017    show the flore in New York にてプレゼンテーション
N.F.D.島根県支部にてデモンストレーション
近年、異業種クリエイターとのデザイン企画、商品開発にも携わる。


HANAFUKU 花 福
〒553-0003 大阪市福島区福島7-4-26
Tel.  06-6455-8729
Fax.  06-6458-4438
Mail. hanafuku@gol.com
http://hanafuku.tv/
http://www.facebook.com/hanafukuhanafuku

内見会の日時や場所等詳細は以下のURLよりご覧ください。
http://www.ohchi-n.co.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=385


投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2018年5月25日 9:43 (142 ヒット)


今回の内見会でデザイン協力いただいた熊坂英明氏よりメッセージをいただきました。


ブリザーブドフラワーやドライを使ってのギフト提案をさせていただく上で
様々なテーマに沿って「もらったら嬉しいな」や「部屋にあったら可愛いな」を
意識して花材や器をセレクトしました。
スタンダードな形や色の中にも細かく様々な花材をバランスよく入れることで
より特別なプレゼント感を表現しました。
器の材質やサイズによって花材のボリュームを変化させて
花の見える角度を変えることで新たな発見があればいいですね。

「見て楽しい」「もらって嬉しい」を
豊富なバリエーションのプリザーブドフラワーでお楽しみください。


熊坂 英明氏 (くまさか ひであき)
Hideaki Kumasaka

   「Bear flower_scape」 主宰
    1997 年より家業の生花店を継ぎ、短期渡欧や独学でデザインを学び
     各地でデモンストレーションなどを行う。
     繊細なラインと愛らしい色使いと「香り」、「フォルム」、「コンビネーション」で、
   「本質を感じる花」をコンセプトにデザインをプロデュース。

    株式会社大地農園 カタログ・展示会などのデザイン提案
  「花時間」はじめフラワーデザイン関係雑誌 に作品多数掲載

    HP: http://www.fs-bear.com/


内見会の日時や場所等詳細は以下のURLよりご覧ください。
http://www.ohchi-n.co.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=385


投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2018年5月24日 17:37 (115 ヒット)


今回の内見会で
デザイン協力いただいた高木優子氏よりメッセージをいただきました。


この度の内見会において昨年に引き続き「ドライフラワーコーナー」を担当させて頂きました高木優子です。
ここ数年のハーバリウムやドライフラワーのブームには目を見張るものがあります。
インテリアショップのみならずアパレルショップや飲食店にも、
ハーバリウムやドライフラワーのリースやスワッグがディスプレイされていますね。
また、空前のハーバリウムブームで色々な場所でのワークショップなども開催されていたりと、
昨今、ドライフラワーのニーズが、とても高まっています。
 
今回のドライフラワーのコーナーでは、3つのカテゴリーに分けたご提案をさせて頂きました。
まずは、店舗提案として二つのショップを・・・
1、ナチュラル嗜好のお客さまがターゲットの店舗
2、ポップで明るい若年層をターゲットとした店舗
そして、3つ目のカテゴリーでは「大人の女性のお部屋」をイメージした空間。
 
1のナチュラル嗜好のお客さまがターゲットの店舗では、
ナチュラルなドライフラワーを使用し自然に出来上がったドライフラワーの
美しい色合いを楽しんで頂けるような商品で
「おうちに飾りたい」「あのお部屋に飾りたい」「お友達へ軽くギフトとして」の
キーワードを元に商品提案させて頂きました。
 
2の若年層をターゲットの店舗では、
大型商業施設での若い女の子たちの集うようなアパレルショップや雑貨店など、
アイキャッチともなる様なカラフルな色合いのカラードライを使用して
「カワイイ」「手軽」「飾りたい」などのキーワードを元に、
カラフルで可愛らしいくポップな商品提案をさせて頂きました。
 
3つ目の「大人の女性のお部屋」では、大地農園さまの素材の素晴らしさを
存分に活かしたディスプレイをしました。
ナチュラルなドライフラワーとソフト加工されたプリザーブドのユーカリやティーツリーなどを
たっぷりと使用し、本物のフレッシュな植物をお部屋に飾っているかの様な世界に仕上げさせて頂きました。
あえて、作りこむ様な作品は作らず・・・
「ナチュラルで力の抜けた・・・優しく風が流れる様な・・・」
そんな柔らかな空間をイメージし空間ディスプレイをさせて頂きました。
 
大地農園さまの「ドライフラワー」には「ナチュラル」と「カラー」がございます。
それぞれの美しさは、ため息が出る程です。
そこへ、ソフト加工のプリザーブドのグリーンなどを使用する事により、
より一層の美しさへと変身しました。
 
今回のドライフラワーブースでの作品とディスプレイのご提案が皆さまへお役に立てる事が出来ましたら幸いでございます。

 

高木 優子氏(たかぎ ゆうこ)      
Yuko Takagi        
Quelle(クヴェレ)主宰 (神戸・元町)   

国家検定1級フラワー装飾技能士   
日本フラワーデザイナー協会1級正会員、本部講師、試験審査委員         
花阿彌プロフェッショナルインストラクター                
カラーコーディネーター  
International Teacher of Floristry     

<経歴>   
1986〜       フラワーデザインを学び始める        
            英国ケンブリッジへ語学留学            
            英国王室フローリスト、ケネス・ターナー氏に師事            
                   ケンブリッジにてガーデンデザインを学ぶ        
2002.04      日本フラワーデザイン大賞2002にて       
                   ブーケ部門1位・後期総合1位 「シルバーリボン賞」受賞    
2007.04      ベルギーstiching社主催、国際的フローラルコンペティション            
                  「International Floral Art 0607」にて世界1位となる            
                 『ゴールデンリーフ賞』を受賞    
                 現在、「International Floral Art 0607」は世界各国で書籍として 発売されており、
                   ヨーロッパ各メディアでも多数とりあげられている    
2007.09    デンマーク コペンハーゲンにある職業訓練専修学校にて、セミナー開催       
2008.06    「堂島ホテル(大阪)」のグランドオープンの装花デザインを担当   
2008.08〜  ANAクラウンプラザホテル大阪(前全日空ホテル大阪)のロビー他        
2010.03     メインディスプレイのデザインを担当        
2008.10      ANAクラウンプラザホテル大阪 リブランド・グランドオープンパーティーの     
                   ロビー他メインディスプレイのデザインを担当           
2009.03    アメリカ・フィラデルフィアにて開催された       
                『Philadelphia Flower show』にて「Hanging design」部門第2位受賞        
2009.11    アメリカ・ヒューストン             
               『Gerden club of America』から招待を受けセミナー開催 
2010.03    「日本フラワーデザイン大賞2010」にて、デモンストレーションを行う        
2010.07    「International floral art 3」の表紙に作品が掲載される      
2011.06    高木優子初の作品集            
               「Yuko Takagi  Contemporary Floral Art」        
                 ベルギーStichting kunstboek社より発刊            
2011.08    ロシアより招待を受け、デモンストレーション・セミナーを行う       
2012.11    フランスより招待を受けデモンストレーション・セミナーを行う         
2013.09    デンマークより招待を受けデモンストレーション・セミナーを行う      
2014.03    東京二子玉川「玉川島屋S・C」春の百花祭にて作品を1ヶ月間展示
2014.09    三省製薬(株)[ DERMED ] 化粧品 / [ DERMED ] 通信(年6回)の
                 カバーデザインを担当        

HP:[ www.quelle113.com ]

内見会の日時や場所等詳細は以下のURLよりご覧ください。
http://www.ohchi-n.co.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=385


投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2018年5月23日 11:15 (431 ヒット)


今回の内見会でデザイン協力いただいた杉本一洋氏からメッセージをいただきました。


ウェディング、迎春のブースを担当させていただきました。
SNSの普及によりドライブームは若い世代に確実に浸透しています。
結婚式を挙げる世代に向けたリアルなウェディングを表現しました。
ドライだけでなく、プリザーブドフラワーと合わせることで
華やかさもプラスすることができると思います。
迎春では、色々な資材を使うことでレッスンアイテムなどに取り入れやすくなっていると思います。
ちょっとしたアイディアを皆さんなりに変換し、新しいデザインに活かしてもらえれば幸いです。

杉本 一洋氏(すぎもと かずひろ)
Kazuhiro Sugimoto
uni flowers 代表

プロフィール
1998年より吉野実江子氏に師事。
岡山を拠点にレッスン、ブライダル、イベント装飾、店舗ディスプレイなどを手掛け、デモンストレーション、ワークショップなど全国各地で開催。
2013年 月刊フローリストの表紙アートワーク担当
昨年より音楽アーティストnanofingersを迎え、新しい形のデモンストレーションを行っている。

受賞歴
2006年 日本フラワーデザイン大賞2006 審査員特別賞 ブライダルブーケ部門 第2位
2011年 日本フラワーデザイン大賞2011 FDF賞 ブライダルブーケ部門 第2位
2012年 日本フラワーデザイン大賞2012 FDF賞 ブライダルブーケ部門 第2位
2013年 日本フラワーデザイン大賞2013 農林水産大臣賞 ブライダルブーケ部門 第1位
フローリストレビュー2013優勝
2013JALカップフラワーデザインコンテスト 第2位
INTERNATIONAL FLORAL ART 2014-2015 入賞
2014年 Taipei International Flowerdesign Award2014 出場     
2016年 2016JALカップフラワーデザインコンテスト 第1位
フローリストレビュー2015審査員
他、受賞歴多数

HP:[www.uni-flowers.jp]

内見会日時や場所等詳細は以下のURLよりご覧ください。
http://www.ohchi-n.co.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=385


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 68 »