投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2016年5月23日 14:51 (4697 ヒット)


白樺枝の木の実スワッグ 〜らくらく白樺スワッグベースの使い方〜


1
約40cmの細リボンの両端を結んでから、ベースの裏面のしっかりした枝に通し、
左の輪に、右の結び目をくぐらせます。

2

しっかり上に引いて、吊り下げを作ります。

3

約40cmの太リボンに通っているひもをゆっくり引き、ギャザーを寄せます。
(引き抜いてしまわないように気をつけましょう。)
ベースのワイヤーの位置に巻き、前面で結んでから形を整えます。

4

長めにカットしたヒムロスギを、ベースの枝の間に差し込んでいきます。
全体の形が整うように挿しましょう。

5

トウガラシ・枝つきを1コずつにして、バランスよく差し込みます。

6

大きめの木の実から、たっぷりの接着剤でつけていきます。
 
7

小さ目の木の実をつけて、ヒメヒマワリをバランスよく挿して出来上がりです。
 


投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2016年5月23日 14:50 (976 ヒット)


ラタンベースの秋アレンジ 〜ラタン・和ベース+ラタンストレートの使い方〜

1

ラタンストレート10mm黒2本を、それぞれ約80cmにカットしてから
ラタン和ベースの底面に通し、反対側も通します。

2

もう1本も同じように通して、上で2本が交差し表情がでるよう角度を決め、
ワイヤーで、ラタン和ベースの底面のワイヤーにしっかり固定します。


3

表に反して、形を整えます。ラタンの交差の位置のバランスを取ります。

4

ラタン和ベースの中に、ドライフォームを入れます。

5

約10cmにカットしたワイヤーで作ったUピンを挿し、ドライフォームを固定します。

6

輪菊とてまりは、ワイヤリングしておきます。

輪菊のワイヤリングのURL
http://www.ohchi-n.co.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=377
てまりのワイヤリングのURL
http://www.ohchi-n.co.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=446

7

てまり、輪菊をバランスよく挿してポイントにし、シャリンバイを左後方に立てます。
小分けにしたアセビ、ファーガスをボリュームが出るように挿して、出来上がりです。
 


投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2016年5月23日 14:49 (1162 ヒット)


シサルブーケ  〜フレキシブルシサルシートの使い方〜

1


フレキシブルシサルシートを、1/2に折ります。
さらに1/4にしっかり折り中心の位置を確認します。
広げてから、約4cmのところを持ち、約2cm幅で折り返します。
フレキシブルシサルシートの中のワイヤーもしっかり折って形を整えます。



中心から約8cmのシサルシートを持ち手にして作業すると作りやすいです。
ぐるっと一周均一になるように折ります。
 

3

ローズはそれぞれ、ローズステムにしっかり固定しておきます。
ローズをバランスよくポイントになるように挿します。
小分けにしたシャワーグラスも高さと動きが出るように挿します。

ニューローズステムの使い方
http://www.ohchi-n.co.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=448

4

ミニシルバーデージー、ポアプランツ、マルガリータ、ボタンフラワーをバランスよく挿します。

5

イモーテル、モリソニアを小分けにして挿します。

6

ブーケの根元から約10cmの位置で、ワイヤーでしっかりまとめます。
足元をそろえてカットします。

7

ダブルループにしたリボンを6のワイヤーの位置に固定します。

8

ひもリボンを約6cmの幅までしっかり巻き上げ、最後に端は、巻き上げた中に入れて始末します。


9

リボンの形を整えて、出来上がりです。
 


投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2016年5月23日 14:48 (851 ヒット)


ナチュラルなオータム壁飾り 〜ナチュラルバスケットの使い方〜 

1

  
ナチュラルバスケットのワイヤーで固定してあるところの、細い枝を引き出すようにしてラフなベースを作ります。3ループほど全体のバランスを見ながら引き出します。

2



2色のコードリボンを一緒にナチュラルバインベースに通します。
写真のようにしっかり結んで吊り下げを作ります。

3

左上にマジョリカ・サイズアソート(2色)をワイヤリングしてから挿しポイントにします。
ソフトピラミッドアジサイを小分けにしてローズのまわりにつけます。

マジョリカ、サイズアソートのワイヤリングの仕方
http://www.ohchi-n.co.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=445

4

小分けにしたシャリンバイとソフト小葉ユーカリを流れるように、右側に挿します。


5
 
2で通したコードリボンの端に、木の実を結びます。


6

雑木ミックスを、ボリュームが出るように下側に貼って出来上がりです。
 


投稿者 : 大地 農園  投稿日時: 2014年11月5日 19:55 (5500 ヒット)

プリザーブド・ローズとバラステムをつなぐと、
1本立ちのバラができます。
バラステムを使って、ジョイントの仕方をご紹介します。



●用意するもの
・バラステム・プリザーブド
02950-700 約25cmL/1束(約7本)

・ローズ(ローズ・かのん・M、ローズ・のんの、
     ローズ・いずみの大きさが適しています)
・裸ワイヤー#24〜#22
(ローズのステム部分の太さに合わせて
 ワイヤーを選びましょう)
・フローラテープ
・はさみ
 
 
●ワイヤリング方法

1.

まず、ワイヤーを4cmくらいに切ります。
この時、花材に挿しやすくするため、先端を斜めに
カットしましょう。


※両端を斜めにカットすると、ローズや
バラステムに挿しやすくなります。


2.

カットしたワイヤーを写真のように
バラステムに挿します。


ステムの中に約2cm入るように挿します。
ワイヤーが約2cm出ています。

 
3.

ローズに、ローズステムから出ている
約2cmのワイヤーを挿し込みます。


ローズが、バラステムとしっかりと接するまで
挿し込みましょう。
※今回はローズ・かのん・Mを使っています。


4.


ガクのすぐ下からフローラテープを巻き始めます。
フローラテープの端を多めに出し、テープ同士をしっかり
押さえると、ずれずに上からうまく巻き下げることができます。


5.

ジョイントした部分が離れないようにしっかり巻きます。
(フローラテープの色目はできるだけバラステムの色に
 合わせると、より自然な仕上がりになります。)

 
6.

最後にバラステムが自然な仕上がりになるように、
形を整えて完成です。
 
 
 
ローズ・いずみやローズ・てまりも高級感のある
ステム付きになります。

 
ぜひ試してみてくださいね♪
 


« 1 (2)